葬儀のスタイルの多様化

葬儀に参列する時に気にしなくてはいけない女性の喪服マナーですが、意外と守れていないことがあります。

葬儀で失敗しない女性の喪服マナー

葬儀のスタイルの多様化 葬儀に参列する時に気にしなくてはいけない女性の喪服マナーですが、意外と守れていないことがあります。変な格好をして、友人を困らせない為にも、今のうちにしっかりと喪服のマナーを学んでおきましょう。昭和の中期までは、女性の喪服は和服が第一正式礼装だと言われてきました。黒無地の染め抜き五つ紋付きなんて、現代ではそうそう持っている人は少ないでしょう。現代では、女性の場合は喪服でも正式礼装、略礼装、準礼装と三種類あります。現代では和装でも洋装でも第一礼装の格は同じです。ですので、遺族や近親者は正式礼装、そして、一般の会葬者は略礼装、準礼装で参列するようにしましょう。

準礼装の場合には、濃いグレーや黒などの地味な色合いのスーツやワンピースでOKです。ブラウスも黒にするなどして、全体を黒で統一する事を心がけましょう。一般会葬者の場合には、もう一段下の略礼装でも構いません。ですが、そこに流行りを取り入れたブラックフォーマルは、派手になり過ぎる傾向にありますので、しっかりと見た目を意識するようにして下さい。当然ですが、頭や胸元に派手なアクセサリーを付けたり、黒でもミニスカートを履く事は、マナー違反になりますので、気を付けて下さいね。