葬儀のスタイルの多様化

テレビやニュースなどで見かけることがある葬儀として、社葬や合同葬などがあります。

葬儀の種類の1つとなる社葬と合同葬

葬儀のスタイルの多様化 テレビやニュースなどで見かけることがある葬儀として、社葬や合同葬などがあります。これは一般的に見かけるタイプとはことなり、大規模な葬儀の種類となります。社葬の場合ですが、一般の家庭ではなく会社などがとり行う葬儀となります。合同葬の場合ですが、故人の方の親族と同時に法人としての葬儀なども一緒にとり行う方法となります。社葬であれば会社のなかでも会長や社長といった重鎮の方が亡くなった際にとり行われることが多いです。合同葬の場合は著名人や芸能人といった有名人な亡くなった時に、ファンの方へ考慮してとり行われることが多い葬儀となります。

社葬では会長や社長といった会社全体を支えてきた人に対して、社員全員が別れを行う場となります。ですが会社側としては大きな葬儀を開くことが会社全体の式を高めることへも繋がり、社会的にステータスと考えられている場合も多いです。そのほかに会社の事故などによって社員が亡くなった場合でもとり行われます。合同葬の場合は多くの人が参列できるタイプの葬儀の1つとなります。著名人や芸能人などが亡くなった際には、多くのファンの方も最後のお別れがしたいという希望をかなえるための配慮がされていると言えます。