葬儀のスタイルの多様化

故人との最後のお別れのためにとり行われるのが葬儀となりますが、昔から執り行われる種類としては一般葬が主流となっています。

葬儀の1つの種類となる家族葬

葬儀のスタイルの多様化 故人との最後のお別れのためにとり行われるのが葬儀となりますが、昔から執り行われる種類としては一般葬が主流となっています。親類といった身内以外に友人や知人なども参列することで、より縁や絆などが大切にするという意味合いが大きかったです。ですが最近では一般葬と同じように数が増えてきている葬儀の種類として家族葬があります。家族葬は身内などの親族のみで執り行われる葬儀だと勘違いされがちですが、それ以外に極親しい間柄の友人などもふまえたごく小規模な葬儀を事となります。そのため必ず親類だけというわけではありません。

家族葬の場合は小規模な葬儀となるため、親族や会葬者の人数を含めても20名から30名ほどとなります。そのため葬儀にかかる費用なども少なく抑えることができるので、親族にとっては負担が少なく抑えられる葬儀となります。家族葬を希望する人が増えてきた理由としては、核家族化といった時代背景のほかにわざわざ遠い場所から弔事に来てもらうのは申し訳ないといった考えなどが増えてきた傾向があります。特に都内などでは一般葬を執り行う葬儀社の場所なども限られてしまうという制約などもあることから、小規模で精神的にも費用的にも負担の小さい家族葬が増えてきています。