葬儀のスタイルの多様化

葬儀といえば基本的に行われる葬儀の種類として一般葬が主流となっていました。

葬儀の種類として家族葬が増えている理由

葬儀のスタイルの多様化 葬儀といえば基本的に行われる葬儀の種類として一般葬が主流となっていました。親類以外に多くの友人や知人に会社関係といった会葬者ともに、最後のお別れれする葬儀となります。ですが最近は都内などを中心として家族葬を希望する人が増えてきています。地方などの場合であればまだまだ一般葬の割合が多いですが、都心部では逆に家族葬を希望する人が6割以上となっています。ではなぜ家族層が増えてきたのかですが、都内では多く見られる核家族化が背景にあります。1世帯の人数がとても少なくなっており、血縁のほかに地域の交流なども行われなくなっているという理由があります。

そのためわざわざ多くの会葬者を呼ぶことはせず、身内のみの小規模で葬儀を執り行う人が増えてきた理由となります。また日本独特の長寿なども家族葬を増やしている理由ともなっています。長生きすることで亡くなる平均年齢が高くなってきています。そのため亡くなった時には知り合いや友人など親交のあった人が少なくなっているという理由などもあります。また親交があるかたも同じようにご高齢な人が多く、葬儀に参列する負担なども考慮されるといった考えもあります。このように現代の時代によって家族葬が増えてきた理由が考えられます。