葬儀のスタイルの多様化

葬儀には様々な種類がありますが、一般的に多い葬儀としては一般葬があります。

葬儀の種類として家族葬を行う際の注意点

葬儀のスタイルの多様化 葬儀には様々な種類がありますが、一般的に多い葬儀としては一般葬があります。故人の親類以外にもお世話になった人や親交があった人などが会葬者として最後のお別れを行います。そのため親族と会葬者を含めると100名から300名ほどの規模になる場合も多くあります。その場合はやはり精神的にも費用的にも親族への負担が大きくなります。そんな中増えてきている葬儀の種類として家族葬があります。親族のほかに極親しい親交のあった会葬者のみでとり行われる葬儀であり、人数なども20名から30名ほどと少なく負担なども小さくすることができます。

ただし家族葬を執り行う場合は、故人の生前の親交度合いなどを考慮して選ぶことが重要となります。家族葬自体は負担を小さくして葬儀を執り行えますが、後日訃報を知った故人と親交があった方々が焼香に訪れる場合が多くあります。その際は通夜や告別式といった日取りが決まっているわけではないので、対応に負担がかかる場合が多いです。また葬儀に参列できなかったことに対して、苦言や避難を受ける場合も少なくありません。そのため家族葬は親族以外に親交のあった方々の理解なども得られるかどうかなども重要となるので注意しておくと良いです。