葬儀のスタイルの多様化

日本で行われる葬儀の種類には様々ありますが、その中でも昔からとり行われてきた葬儀の種類として密葬があります。

葬儀の1つの種類である密葬とは

葬儀のスタイルの多様化 日本で行われる葬儀の種類には様々ありますが、その中でも昔からとり行われてきた葬儀の種類として密葬があります。特別密葬自体は特別な葬儀の種類というわけではなく、古くから行われてきたタイプの葬儀となります。密葬自体は家族葬の別の呼び方としている場合も多く、あくまでも小規模で行われる葬儀となります。そのため一般葬のように故人と親交があった人達に知らせると言った事はせず、故人をよく知る親しい身内や友人といった人達だけで静かにとり行われる葬儀となります。密葬という言葉自体の影響からか、意外に誤解をされている部分が多い葬儀となります。

密葬は親交があった人などにも知らせることなく、身内だけで執り行われる葬儀と思われがちですがまったくそうではないので知っておくと良いです。また本葬と呼ばれる社葬やお別れ会などを執り行う前に親族だけで執り行われる葬儀がありますが、必ずしもそれだけの葬儀を限定して密葬というわけでもありません。また自死を行った故人とのお別れを行う際の葬儀と勘違いされている人も多いです。あくまでも広く告知することがない葬儀というだけなので、家族葬儀よりもより小規模な葬儀であると認識しておくと良いです。